ハグクミの恵みは2種類のマカを配合!!妊活にマカを試したい方におすすめ♪


ハグクミの恵みは、2種類のマカを配合した、現在女性のための妊活サプリ。

マカには、月のリズムを整えたり、若々しさを保つ効果のある成分で、天然ミネラルなどの栄養素も多く含まれているため、完全食と言われています。

ハグクミの恵みは、国産マカと希少なアンデス産の有機マカを2種類配合。
体の巡りをよくして、生き生きとした活力を与えてくれるので、赤ちゃんをお迎えする準備期間にオススメです。

①栄養素
ミネラル・トリプトファン・リジン・亜鉛・サポニン・プロリン・アルギニン・ギャバ

ハグクミの恵みには、マカが2種類配合されているため、体を元気にしてくれる栄養素が豊富です。
アミノ酸の素であるリジンや、活力を与えてくれるアルギニンやギャバを配合。

体を疲れにくくしてくれたり、エネルギッシュに活動できる効果が高いようです。

②原材料
国産マカ・アンデス産マカ・ざくろ

完全食と言われるマカを2種類も使用!それぞれのマカが持つ特性を生かしながら凝縮されています。
ざくろには、女性らしさや月のリズムをサポートしてくれる働きがあり、
妊活中の女性には嬉しい原材料です。

③飲みやすさ
ハグクミの恵みは小粒なので飲みやすい大きさですが、1日に4~8粒飲む必要があります。
他のサプリと比べるとちょっと飲む量が多いですね。

慣れてしまえば問題なさそうですが、飲み忘れがないように気をつけましょう。

④価格
ハグクミの恵みは定期便を利用するのがオススメ。
定期便だと初回は2,980円、2回目以降は5,984円となります。
サプリとしては少し高額ですが、それだけ効果が期待できるのかもしれませんね。

⑤安全性
安全な商品をお届けできるように、ハグクミの恵みでは放射能検査を行って、クリアしたものだけを商品化しています。
安心して赤ちゃんをお迎えするためにも、製造現場の安全性も要チェック項目ですね。

ハグクミの恵みのまとめ

2種類のマカを使用した妊活サプリは珍しいですね。

現代女性が抱える、ストレスや月のリズムの乱れ、冷えなどに改善効果のある成分ばかり配合されているので、妊活以外でも飲んでいる人もいるようです。

夫婦で妊活に取り組むために、2人でハグクミの恵みを飲んでいるという口コミもありましたよ。

妊活グッズを身に着けて赤ちゃんと幸福を招きましょう


早く自分の赤ちゃんを自分の腕の中に抱きしめたい、子どもがいる幸せをかみしめたい、そんな願いを叶えるために妊活グッズがあります。

妊活グッズは普段持ち歩けるもの、部屋の中に置けるものなど様々な商品があります。

日本国内に古くから伝わるものから、海外でよく知られているものまでたくさんあるのでお土産に頂いたりする場合もあるでしょう。

自分のお腹に元気な赤ちゃんが宿るようお願いする、その役割を担うのが妊活グッズともいえます。

妊活グッズを持つメリットとは

妊娠を待ち望んでいる人全てがすぐにそうなるとは限りません。中には「赤ちゃんはまだ?」の声にプレッシャーを感じたり、不妊治療の成果がなかなか出ずに悩んでいる夫婦も少なくないでしょう。

そんな時に妊活グッズは励ましの素となり、ある時は心癒す存在としてストレス解消に役立ちます。妊活グッズによって心が落ち着いて無事に妊娠にもつながる可能性もあるかもしれません。

日本人の手を合わせて拝む心や、赤ちゃんを運んで来て欲しい希望を叶えてくれるお守りのような存在の1つとして妊活グッズは使われます。

こんな妊活グッズがあります

お守りや子だくさんの象徴になる植物など、妊活グッズはいろいろあります。

飛騨高山に伝わるさるぼぼは、もともとは布の端切れで作った人形でした。天然痘が流行った頃、赤い色は病除けになると言われてから赤い布で作られており、赤い顔が猿に似ているのと、ぼぼというのがその地方で赤ちゃんをあらわす方言だったことからさるぼぼと呼ばれるようになりました。猿は安産なので、子宝に恵まれる、安産祈願にも使われています。

小さなものは普段使いの妊活グッズとしてカバンに着けたり、風水で現状からの旅立ちをあらわすオレンジ色の大きなものは、寝室に置くとよいとされています。

妊活中に私がやった効果テキメンの○○法!!


私は30歳で結婚しましたが4年間子供の恵まれませんでした。35歳になると妊娠する確率がかなり下がると聞き、少々焦っていた私は知り合いに整骨院が良かったと聞き、行ってみることにしました。

その整骨院はアスリートが通うようなトレーニングを中心とした整骨院とトレーニングスタジオのような所で、妊娠したい私にはつり合わない場所のように感じられましたが、とにかく説明を聞き、身体を整えると良いことがいっぱいだというのでやってみることにしました。

その頃妊娠したいと思いやってみたことはいくつかありましたが、その中で一番効いたのはこの整骨院に通って骨盤の向きを正しい向きに調節して、妊娠しやすくするというものでした。

それはただ整骨院に行き、先生に施術してもらうといったものではなく、自分で身体を変えていくトレーニングのようなものでした。

まず、呼吸法を学び、その後ストレッチポールというものを使い体幹を鍛えるというものでした。

そして身体の芯がしっかりしてきて、肩こり、冷えなどの症状が緩和されてきた頃に妊娠がわかりました。

その期間は6ヶ月です。

6ヶ月の間に、一週間に1回トレーニングをしに行き、呼吸法は毎日やりました。

その呼吸法を簡単に説明すると、

ゆっくり軽く息を吸い、10秒かけて少しずつ息を吐く。その時下腹を背中につけるような感じて吐きます。それを5回。

次にまた軽く息を吸い同じように息を吐くのですが、今度はおへそを背中につけるような感じで吐きます。それを5回。

その次はまた同じように息を吸い、胸のすぐ下あたりを背中につけるような感じで吐きます。またそれを5回。

最後にお腹にいっぱい空気を入れてその空気をできるだけ長く細く出し切ってお腹をぺちゃんこにする。これを5回。

簡単にいうとドローイングで体幹を鍛えるのです。

これをすると腹筋がつき、間違った方向に傾いていた骨盤が正しい傾きになり、代謝もあがり、体温も上昇するので妊娠しやすい身体になるというものでした。

やりはじめて2週間で少しずつ変化がみられ、お腹もへこんできて、妊娠のことよりもダイエットができている事がとても嬉しかったのを覚えています。

そして、身体を動かすことで気分転換にもなり、思いつめていたようなところがあったのですが楽観的に物事を考えられるようになりとても自分のためになりました。

身体を温めるために、コーヒーより紅茶を飲んだり、ハーブティーを飲み始めたのもこの頃でしたが、一番はこの呼吸法が妊娠につながったのだと思います。

当時買ったストレッチポールは出産後のダイエットにも大変役にたちました。

子供をずっと抱いていると肩甲骨が凝り固まって猫背になってしまうのですが、ストレッチポールはこの猫背を解消してくれますし、仰向けにポールの上に寝転がってバランスをとるだけで、身体全体が鍛えられます。

産後は自分のために時間も使えませんし、体力が落ちて激しい運動などできません。私のように妊娠中つわりが酷くて殆ど運動ができなかった人は筋肉も落ちていると思うのでストレッチポールと呼吸法でのドローイングが無理なくできる事だと思います。

高年齢出産の方や体力に自身のない方には本当におすすめです。